食事の種類によって違う口臭対策

口臭は自分では気づかないうちに相手に不快感を与えてしまうものなので特に気をつける必要があります。
現在、薬局などで口臭対策用品が多数発売されていますが、私の場合は食べた食事の種類によって使い分けています。
例えばお酒を飲んだり、にんにくがたっぷり入った食事をするときは市販の口臭対策用品だけだと翌日に匂いが残ってしまうことがあるので食事の前にコップ1杯の牛乳を飲むようにしています。
牛乳には魚や肉の生臭さやニンニクやニラなどを匂いのきつい食べ物の消臭効果や胃の中に膜を作ってくれる効果もあるので、胃からくる匂いも抑えることができます。
とんこつラーメンや焼肉、にんにく料理などを食べるときには市販の口臭対策用品と牛乳を合わせて使うようにしています。

コメント

コメントを受け付けておりません。