食事の種類によって違う口臭対策

口臭は自分では気づかないうちに相手に不快感を与えてしまうものなので特に気をつける必要があります。
現在、薬局などで口臭対策用品が多数発売されていますが、私の場合は食べた食事の種類によって使い分けています。
例えばお酒を飲んだり、にんにくがたっぷり入った食事をするときは市販の口臭対策用品だけだと翌日に匂いが残ってしまうことがあるので食事の前にコップ1杯の牛乳を飲むようにしています。
牛乳には魚や肉の生臭さやニンニクやニラなどを匂いのきつい食べ物の消臭効果や胃の中に膜を作ってくれる効果もあるので、胃からくる匂いも抑えることができます。
とんこつラーメンや焼肉、にんにく料理などを食べるときには市販の口臭対策用品と牛乳を合わせて使うようにしています。

時間がないときはマウスウォッシュ

急に彼氏から遊びに誘われた、仕事で取引先の人と会うことになった、なんて時にはお口の手入れができなくて焦っちゃった経験のある方も少なくないのではないでしょうか?そんな時にオススメしたいのは、マウスウォッシュです。
マウスウォッシュは口内の細菌を除去し口臭を抑えるために開発されたもので、短期間で効果を発揮するため突然の出来事などに重宝されているアイテムです。
それなら、消臭タブレットやガムなどでもいいんじゃないの?と言う人もいるかと思いますが、私はマウスウォッシュを使うことをオススメします。と言うのも、消臭タブレットやガムはあくまで使った時から数十分~数時間程度臭いを抑えるだけですが、マウスウォッシュには殺菌効果があるため長期的に使用することで臭いを根本的に無くすことや歯周病の予防などを行うこともできるからです。

口臭対策の情報が満載!

あなたも突然の出来事に備えて、マウスウォッシュを1つ常備しておくようにしてみて下さい。。

毛のかたさが柔らかい歯ブラシ

私が歯周病対策として実践していることは、歯ぐきを傷めてしまわないようになるべく毛のかたさが柔らかい歯ブラシを使うということです。以前の私は、どんどん歯垢を取り除くためには、毛のかたさがふつうか、かたいものがいいだろう思ってそれらを使っていました。
しかし、そういった歯ブラシは確かによく直接的な歯垢が取り除けるのかもしれませんが、それで歯ぐきを傷めてしまい、出血することがありました。ですので、私はそれ以来毛のかたさが柔らかい歯ブラシを使うようにしたのです。
また、毛のかたさが柔らかい歯ブラシは、毛に柔軟性があるので、歯間を磨きやすいというメリットがあり、単純に歯垢を取り除く力だけでは歯ブラシの良し悪しが判断できないということがわかりました。
歯周病対策のため、しばらくは柔らかい歯ブラシを使っていきたいと思っています。